日本の伝統的な行事である七五三の基礎知識

七五三の歴史について知ろう

日本には、伝統的な行事が複数ありますが、11月中旬に七五三があることは多くの人が知っているところでしょう。七五三の歴史は今から400年ほど前にさかのぼります。江戸時代の初期のころに、子供たちが健康で育つようにという意味を込めて、七五三が始まりました。当時の子供は 5歳までの死亡率はとても高く、現代のように子供が無事に成長する可能性は低かったのです。そこで子供の健康を祝って七五三を始めるようになりました。

現代の七五三の特徴とは

七五三の歴史を振り返ると、七五三はどのような意味を持っているかがわかります。ですが現代の七五三は元々の意味から少しいかけ離れている部分もあります。写真を撮るのにお金をかけすぎたり、着物にお金をかけすぎたり、料理を豪華にすることに重点を置いてしまっているのです。もちろん、七五三の意味を分かっているのであれば問題ありませんが、単に子供が衣装を着飾っておいしい物を食べる行事と言う認識の親も多いのではないでしょうか。

時代に合わせて変化することも重要

ただ、七五三の本来の意味が失われつつありますが、それでも時代に合わせて変化をして行くことが大事とも言えます。江戸時代に写真があれば、当時の人も写真を撮っていたかもしれませんし、ファミレスがあればファミレスで食事をしていたかもしれません。今後、七五三の行事がなくなって行くかと言えばようなことはなく、これからも残り続けるに違いありません。そんな中でも、子供が無事に育ってきたことに感謝することと、これからも無事に成長することを望む気持ちが両親に在れば十分といえます。

七五三とは、子供が3歳、5歳、7歳のときに、神社に参拝する日本の行事です。11月15日が一般的ですが、前後の土日などに参拝する家族が多いです。