保管方法にこだわりましょう!機械式時計を大事に扱う方法

保管ケースを大事に使いましょう

機械式時計をプレゼントで受け取った人の中には、どのように時計を保管すれば良いのか分からず、机の上に飾り付けているという人もおられます。しかし保管方法を間違っていると、機械式時計のパーツがダメージを負う原因になってしまいますから、保管ケースを使う事を考えてみてください。機械式時計の保管ケースは衝撃にも強く作られている事が多く、もし時計を落としてしまったとしても、内部のパーツにもダメージを負わせずに済みます。防水機能に優れているケースも多いので、もしジュースなどをケースの上にこぼしてしまっても、焦らずに済むという点がおすすめできます。

故障かもしれないと感じた時の対処

時計というのは放置していると少しずつ時間がズレてしまうものですが、そのズレが一定のうちであれば故障を疑う必要はありません。しかし毎日のように数十秒ほど時計がズレたり、日によっては1時間ほど時計がズレる時には注意が必要です。それは機械式時計の故障の前兆の可能性もありますから、完全に壊れてしまう前に修理に出しておく事をおすすめします。自力でメンテナンスをするのは難しい場合もあるので、下手に内部に触れないように注意してください。

防水設計を過信しない

防水設計と書かれている時計であっても、水分が内部に入り込んでしまうと故障の原因になります。時計の内部に水滴が入っているように見えるけれど、防水加工だから大丈夫といった、間違った考えを持たないようにしてください。もし時計の内部に水分が入り込んでしまった際には、早いうちに修理に出す事で水分を排出しておきましょう。そうしなければゼンマイが劣化を起こしてしまって、自動巻き機能などが使えなくなってしまう可能性があります。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーであり、日本国内でも製品の人気が高く、ステータスの象徴としても魅力があります。