壁面緑化でおしゃれに変身!地球にも優しいぞ!

そもそも壁面緑化って何だろう?

地球温暖化など何かと注目を集めている自然環境問題ですが、有効な対策の1つとして「壁面緑化」が挙げられます。壁面緑化とは読んで字のごとく「壁を緑化すること」です。自然公園を作ろうにも庭を作ろうにも、特に都心部などでは土地が余っていませんよね。そこで注目されたのがこの手法です。構造物の壁ならば土地の問題も解決されます。また、人工物で埋め尽くされた無味貫通な景観に植物をプラスすることで、人々に安らぎを与えてくれるのです。

壁面緑化のいろいろなメリット

植物は太陽光にあたることで光合成をします。光合成によって大気中にある有害な二酸化炭素を吸収し、酸素を生産してくれるわけです。この働きが大きくなることで地球温暖化対策にもなりますよね。また、直射日光を遮ることで建物の温度上昇を抑えることができます。結果としてエアコン効率の上昇、省エネへとつながっていきます。紫外線による建物へのダメージも軽減できますよね。そして、植物の蒸散作用によって周囲の気温が下げられるのも大きなメリットの1つです。

難しくない!家でもできる壁面緑化!

壁に植物を植えるわけですから一見難しそうな壁面緑化ですが、やり方次第で一般家庭でも楽しめるものなのです。ゴーヤやアサガオなどのツタ系植物にネットを這わせてもいいですし、ベランダにプランターを設置して、そこから植物を垂れさせるのも簡単な方法ですね。難しく考えずに、要は「壁に緑がある」状態にすれば良いのです。何れにせよ注意したいのは、メンテナンスを怠らないことです。枯れてしまっては景観としてマイナス要素でしかありませんし、害虫の発生などにも気をつけたいポイントですね。

壁面緑化は見た目にも涼しげな印象を与えるので、温暖化対策にもなりますし、環境にも非常に良いことです。